見ると見えなくなるものがある

  • 2017/01/25(水) 22:15:51

長年のクセとは恐ろしいもので

三味線の棹にいくつかつけているツボ印

そして弾くときにこの印を見ていないと不安で((((;´・ω・`)))


では実際見ることでちゃんとツボをはずさないで弾いているのか?と聞かれれば

微妙にずれているんです(^^ゞ

そして、印を見ないと弾けないというわけではないんです。

目をつぶっても弾けるんですよ。
でも見ないと不安になる。

ここらでちょっと練習法を変え、つけた印をすべて消し
見ないで弾くことに慣れてみようと思います。

肝心なのは

自分が出している音をちゃんと聴くこと。

どうにも微妙なズレが気になり、チューナーで調弦してみたところ

自分の耳が怪しかった

三の糸をわずかに高めに設定するクセがあったようです。

3,4あたりのツボでは気にならないものが、14,16と高くなるにつれ
ズレが目立ってしまいます。

これも印をガン見していたら気づかなかったこと。

無駄に見ることに囚われて
大事な音を見失っていたのかもしれません。

果たして見る呪縛から逃れることができるのか?

小さな挑戦を続けてみようと思います(*^。^*)







今更かもでポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する