三味線のせいではない

  • 2017/09/25(月) 22:08:13

昔はよく皮が破けて
突然の出費に涙したものだったけれど

突然の出費に備えて
コツコツ皮貯金もしてたなあ~。

今の皮はいつ張り替えたんだっけ?っていうくらい
よくもってくれてます。

破れなきゃそれでいいってもんでもなく

皮がへたってくるというか、張りがゆるんでくるのかも。

張り替えしてないせいもあるけれど

たいしていい三味線じゃないから
音もそんなに良くないんだよな
(決して自分の腕のせいにはしない(;^ω^)

でも、いつもケチケチ限界まで使ってた一の糸を

ちょっと大舞台も控えてることだしと
新品に変えたら

ブインブイン音が鳴るんですけど(゚д゚)

あ~ごめんなさいねえ~
三味線のせいにして

すべては私が糸をケチってたせい。

いまさらながら

新しい糸のほうが音の狂いが少ないんだと気づく

でも糸は限界まで使いたいもんですよね~







糸は高い!でポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

リクエストにこたえる

  • 2017/09/18(月) 23:11:54

演奏の依頼があった場合

ご希望の演奏時間に合わせて
曲を構成する・・・な~んてご大層なものではないけれど

なるべくメンバーが弾きこなせるものを
持ち時間とすり合わせて選んでると言った方がいいでしょうね。

幸い民謡を唄うひとや太鼓を叩けるひとが増えてきたので
バリエーションが広がってるとも。


先日訪問した先で

途中元気よく手を挙げたおじいちゃん。


「あいや節やって欲しいです!」


え?まさか唄うつもりでは?とたじろいだら
演奏だけでよいようです(;^ω^)

演奏だけで・・・といってもこれまたハードル高い。

曲自体も長いので
それではさわりの部分だけでもリクエストにおこたえしましょう!ということで
私が弾きました。

前奏から弾いて
代表があい~や~ の あ~ だけ唄って
終わりというまるでコントみたいなオチになりましたが。

わりとあいや節、好きな方多いんですよね。

でもそう簡単にいかないのがあいや節。

というか

誰もがよく知ってるし合奏もするのがじょんから節で

リクエストされると慌てふためくのが

あいや節、小原節、三下り、よされ節

これらはあんまり合奏するもんじゃないですしね・・・




いや~焦ったでポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

三位一体

  • 2017/08/22(火) 11:13:35

唄付けは
唄・三味線・太鼓が基本構成

太鼓が王様だ!とかつて師匠は言ってたけれど

どのポジションも経験してみて思うのは

微妙なバランスだな~


三味線の伴奏で唄うってのは、これなかなか難しい。

三味線の音を聴いてしまうと唄えなくなるってことがあったりして

三味線は唄に合わせなきゃならない。
でも太鼓に合わせて(というか太鼓聴きながら)三味線を弾くってことはないと思うんですよね。

太鼓は要なんだけど、三味線を聴いてなきゃ入り場所がわからなくなるし。
ただ決まり事として、太鼓の叩く長さっていうのかな
何小節ってのは絶対なものなので(よく1本、2本とか表現する)
そこは三味線が従わなきゃならない。

え~というわけで
何が重要かというと

○唄うひとは唄いだしのとこだけ太鼓、三味線の合図をよく聴く。
 唄ってしまえば主役は唄い手なので自由に唄ってください。

○太鼓は叩き始めの合図である三味線をよく聴く。
 叩きだしたら自分のリズムを貫いてください。
 三味線に惑わされないこと。

○三味線は唄い手が入りやすいよう合図を弾くことで合図だすこと。
 太鼓に対しても入りやすいよう合図だすこと。
 唄に合わせて、でも唄を聴きすぎると遅くなってしまうのでほどほどに。

って感じかな?





難しいね!でポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

唄付けの奥深さ

  • 2017/07/25(火) 22:00:07

最近は唄付けする機会がちょっと増えたような。

要は伴奏でしょ?

よく民謡番組では三味線が伴奏しているのを見かけますが

かる~く弾いているように見えるんですねこれが(;^ω^)

だから別に難しいことじゃないような気がしてしまう。

ところが見るとやるとでは大違い!

唄を聴きながら・・・なんてことはとんでもないことで

自分の弾く三味線でもういっぱいいっぱい

とくに三味線ってのは他の楽器よりも唄を聴きながらが
難しい気がしてならないんですよねえ。
気のせいでしょうか?

長年やってて、いまようやく唄を聴きながら
速さを変えたり、長さを変えたりがができるようになってきた気がします。

というより、民謡がわかってきたのかもしれません。

歌い手と三味線がぴったりあったときの快感もいいものです。






次はなに唄う?でポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

バリエーション

  • 2017/06/04(日) 16:58:11

花束

訪問した先で頂いた可愛いお花。

心遣いありがとうございます!


さて、最近の演奏内容にちょっとした変化を加えようと。

メンバー、ひとりひとりに持ち唄、一曲でもあれば面白いんじゃないかと。

代表の南部俵積み唄♪

そこに鱈釣り節や出船音頭の担当者も増やせば・・・

なかなかそのひとに合った調弦にするのは大変なんだけれども
(唄のあと合奏用にまた変えなければならないわけで)

それでもマンネリな内容に刺激を与えなければ成長しないし。

残念なのは

私、あいや節唄いたいんですけどね
伴奏できるひといないんですよ~(;^ω^)

いや、誰かが唄うあいや節に
私が伴奏や太鼓もつけたいんですけどね。

何分一人三役はできませんから・・・

なんとも歯がゆいな(*´з`)






練習してね!でポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ