新しい課題

  • 2018/02/09(金) 13:55:31


春にむけて
新しい曲を練習したいとか

本当に練習するのかなぁ~

ちょっと皆さんのヤル気に
疑惑を抱いてたり...
いや、やってくれるでしょう😅

期待してやろうとしても続かなかったり

逆にまったく忘れてたら
あの曲なんでやらないの?との問いに
びっくり😅なんてことも


果たしてとりかかった曲が
めでたく本番デビューして定着するかは
わからないけれど、

今回はこれ

○南部じょんから節

○南部酒屋もとすり唄

なるべくノリのいい曲選んでるつもり

リズムが一番の問題なんだよねー

さぁ頑張ろう❗






指動かして❗でポチポチ


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

数ミリの違い

  • 2017/12/11(月) 21:46:46

バチ先は
どんなにあがいても使えるのは左右の2か所のみ

それも片面ずつしか使えない
ああ、なんて効率の悪い道具なんだろ

そんな限定2か所を同じだけ使う人っているのかな?

どうしても同じバチ先で長く使うんじゃないかしら?

私のバチも同じとこばっかり使っているから
滑らかな曲線を描いて減って薄くなってる。

バチ先の薄さと音の違いは微妙なもんで

多分聴いてるひとには変わらないのかもしれないけれど
弾く側にとっては大きな違いだったりする。

なんとなく使ってない方のバチ先のほうが
良い音が出るような気がして

使ってない分厚さがあるので
なかなか弾くのに手こずっている感が(>_<)

なんとか手になじんでもらいたい!

だって新しいバチなんて高くて買えないんだから!という本音






なじめば名器でポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

ピンチが成功を呼ぶ?

  • 2017/11/26(日) 14:37:40

三味線の演奏に出かける前

家での準備として
糸のメンテナンスには気をつけています。

なにが怖いって、本番に糸切れる位嫌なことないですからね!

幸いにもそんな恐怖体験したことないですが、
ひとの糸が切れたのは目撃しております。

予備の三味線を用意しているならいざ知らず

とてもその場で糸を張りなおす冷静さと技量は
持ち合わせておりません(ノ_<)

特に二の糸は注意したいですね。

さて、そんな準備をしていったにもかかわらず

なんと本番前の軽い音合わせ練習の最中に
二の糸が切れました

・・・ちょっとケチって新品の糸ではなかったんです。

え~上下ひっくり返しのさらに延ばした糸。

糸だって毎回新品はちと懐に厳しいなどと云い訳。

本番までにたっぷり時間があるとはいえ
少々焦ります。動揺するというか。

でもこれが本番でなくてよかった!

そう思い直しての本番

私のソロ演奏は
いつも以上によい出来だったかなと自分の手ごたえ。

仲間から「今日は素晴らしかった!」との感想を頂き、
お客様からも盛大な拍手を頂きました。

糸が切れるピンチからの大逆転。

この手ごたえが常態となるように練習に励みます!(^^)/






ふ~でポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

臨機応変

  • 2017/11/12(日) 18:05:30

ここのところ

演奏に出かけると

予定してなかった曲をやることに・・・が続いています。

お客様の希望でなったのではなく

その日のメンバーで本番までの音合わせ時間で
話しているうちに

あ、それじゃ今日やってみようか!ってことに(;^ω^)

みんなアタフタと慌てるけれど

なんとか形にはなるもので

こうやって臨機応変に演奏することが

刺激になるし、楽しいことでもあるんです。

さ~て、次回はなにが起きるか?(^_-)-☆








冷や汗もでるけどでポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ

異界

  • 2017/10/02(月) 21:39:55

北広島での演奏を終えてほっとするのもつかの間

もうひとつ別口で依頼されていた演奏がありました。

とあるカラオケ教室の発表会があるので
そのアトラクションとしての演奏依頼でした。

演奏内容の変更や、予定メンバーが急に出られなくなったりとアクシデント多発。

さらに詳細がよくわからないままで、
とにかく久しぶりに着物での演奏をすることに。

待っていたのは
生徒さんたちのきらびやかな衣装
予想外に本格的舞台装置。

進行説明とマイク、椅子の設定を確認しただけでぶっつけ本番。


良くも悪くもあっという間に演奏は終わってしまいました

舞台として
頭上に並ぶ強烈な照明と、客席から隔絶された舞台は
異界といえるかもしれません。

照明の熱さで一瞬のうちに調弦が狂う。
板張りの広い舞台で途方にくれてしまうというか。

終わった後は放心状態。

時間がたってからようやく感じたことは

自分の力不足と同時に成長した部分。

そして本番に臨むための準備がいかに大切か。

いくら場数を踏んで慣れてもなめちゃいけない!

なんだか妙な高揚感が終わった後もずっと続いていたのでありました。





真っ白な灰になったでポチポチ!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ